さらにその先へ

英会話BARママのブログ

無理にお客様を引き留めません。だって、今日の売上が未来の損失になるかもしれないから。

こんにちは、ナオミです。

 

今日の売上のためにお客様にいい事言って、もう二度と来てもらえないとか悲しくないですか??

 

オープン当初はやはり一人でも多くのお客様に利用してもらいたいし、1円でも多く売上を上げたい気持ちが大きいので、1人でも逃さないぞ!という気持ちが強いです。

 

実際、私もそうでした。

 

けど、今思えば、どうしようか迷っているお客様にいい風に説明して、その場で売上が上がったとしても、どこかで不愉快な気持ちが残っていればそのお客様ってもう来てくれない気がする。

 

ってか、わたしなら行かない。

 

 

個人事業の場合はある程度の目標売上に届けば、大丈夫なので毎月、ノルマ!ノルマ!なんてないけど、大手さんとなるとやはり毎月のノルマや目標売上があるので、店員さんによっては、売ってやろう感がとても出てたりするんですよね。

 

無理に引き留めない

当店は飲み放題なので、まず新規の方には料金の説明をします。で、納得してもらったうえで席についてもらうのですが、たまに「え・・・どうしよう?」って困った顔をする方もいるんですよね。

 

というのも、「飲み放題ほどいらないし」とか「今持ち合わせがない」という方もいたりするので。

 

ちょっと前までは、ディスカウントとか単品オーダーで受けて入店してもらっていたのですが、途中でやめました。

 

というのも、ディスカウントして利用した方って、2回目来るかな?って思ったんです。

 

私なら・・・、よっぽど気に入らないと行かないかも。

 

ましてや、初来店で様子見で来店してたらなおさらです。

なので、私は当店の値段とサービス内容に納得してもらっていただいて、サービス提供をするようにしています。

 

迷っている方にはこちらから「また来てくださいね」の雰囲気を出して、断りやすくしています。

 

そうすると、お客様も気持ちよく帰れるんですよね^^。

 

 

今日の売上より、将来のご来店に

なので、目先の利益に食らいつくようなことはしません(笑)

 

これもお客様との信頼関係の作り方だと思う。

 

「この店は無理強いをされなかった」

「いい雰囲気で店員さんも親切だった」

「今度は時間に余裕をもってこよう」

 

そう思ってもらってまた足を運んでもらえることが店をしている者として何よりのご褒美なんです。

 

「自分がされて嫌な対応は絶対にしない」

これが私のスタンス。

 

どんなお客様でも気持ちよく時間を過ごしてほしいですからね。

 

 

では。