さらにその先へ~Naomi Kobayashiのえぇ会話なブログ~

英会話BARをしています。英語を通じで「体験」を広めるために活動中。英語・子育て・仕事を中心に発信。

MENU

子供に英語を習わせるだけじゃだめYO!

f:id:nammy0611:20170630125702j:plain

アパート暮らしだとポストにチラシが入っているのですが、

岡山は「リビング」という無料情報誌があるんです。

 

 

たまに知り合いが載ってたりするのでチェックするワタシ。

 

 

今月のメインは夏休み前ということもあって

子供の習い事が特集されていました^^

 

 

で、見て驚いたっ!!!!

 

 

なぜかというと、こちら特集されてる8つの習い事のうち、

5つが「英語教育」だったから。

 

 

インターナショナルスクール。

英語塾。

サマーキャンプ。

サマースクール。

 

 

取り上げられている教室だけでも5つあるってことは

岡山市内にはもっとあるんだろうな・・・と。

 

 

最近、このようなネイティブ並みの英語力・発音を身につけよう!!

というのが多いですが、

 

私は正直、「身につけたからどうなの?」って思っています(笑)

 

 

まぁ、確かに発音がネイティブに近いと

どの国の人と会話をしても会話はしやすいです。

 

英語力(語彙力)があれば、話せる話題も多いです。

 

 

 

が!!!!

 

 

あと10年もすれば、英語ができることは当たり前になります。

 

じゃあ、英語も日本語も話せるようになった子供たちが

次に求められるのはなんでしょう??

 

 

私は「考える力&コミュニケーションスキル」だと思っています。

 

 

特に、コミュニケーションスキルは日本人の弱いとすることころ。

 

どれだけ英語力があっても

コミュニケーションスキルが乏しと国際社会では

やっていけないです。

 

 

いえ、フツーに日本社会でもやっていけないです。

 

なので・・・とは言いませんが、

なので、わたしはお店でもお客様との会話でいつも

 

「どうして?」

「なんでそう思ったの?」

「そうするとどうなるの?」

 

と「WHY」クエスチョンを連発します(笑)

 

けどね、人によっては途中で言葉が詰まるんです。

理由は普段意見を言い慣れてないから。

 

 

子供に英語で話せるようになってほしいと願うのはわかります。

 

 

しかし、普段から親が「なぜ?」と考えさせる習慣や、

人との付き合い方を教えていないと

どれだけ英語力があったとしても人として「魅力のある人間」には

ならないのではないかなーと日々思うわけです。

 

 

なので、英語力を身につける前に

子供にも人間力を教えてあげるべきだよねー、と

この特集を見て思った今朝でした♡

 

 

では!