さらにその先へ

英会話BARママのブログ

「美女と野獣」ネタばれ?英語を知っていないとジョークが理解できない部分がある!

f:id:nammy0611:20170424154859j:plain

こんにちは!

ナオミです。

 

5月21日に公開された「美女と野獣」を早速見てきました♡

 

英語名は「Beauty and the beast

・Beauty(名)美・美しさ・美人・美女

beast(名)動物・野獣

 

 

ディズニー映画はあまり観ないほうなのですが、

ミュージカル仕立てのストーリー展開は私も楽しめれたので

個人的には好きです。

 

 

さて、映画は字幕で見ますか?

それとも、吹替で見ますか?

 

 

人それぞれだと思うのですが、

英会話BARオーナーとしては「字幕」をお勧めしますっ!

 

というのも、英語の勉強になるから。

 

特に、初級・中級の人にとっては聞き取りのいい勉強になりますからね。

 

そして、文化背景の勉強にもなります。

 

 

今回、美女と野獣を観ていて、

トーリーは把握できた人も多いはず。

 

しかし、みなさん、一つ、「ん??」って思いませんでしたか?

 

あるシーンで、ベルと野獣が図書部屋でしている会話。

 

自分の書室に案内した野獣とベルの会話。

 

 

Belle:Have you really read every one of these books?(ここにある本を全部読んだの?)

Beast:No, some of them are in Greek.(いいや、いくつかはギリシャ語で書かれているものもあるんだ)

Belle:Was that jork? (それってジョークなの?)

そう、ベルの「Was that jork?」の意味分かりました?

 

 

これ、字幕だけを読んでいると

「え?今ジョークになるようなこと言った??」と思っちゃいますよね。

 

これは、英語を知っていないと面白さが分からない部分。

 

英語では「ちんぷんかんぷんだ」と言う言い方を

It's all Greek to me.

といいます。

 

Greekとは「ギリシャ語」。

ギリシャ語なんて理解するのに困難な言葉の一つ。

つまり、「訳がわかからない」の言い回しとして使われるんです。

 

 

なので、野獣が「some of them are in Greek.」と行ったとき、

ベルが「ジョークのつもり?」と返したんですね。

 

 

日本語でも本人はそんなつもりがなくても

「今のジョーク??」というシーンがありますよね。

 

英語でも同じなんですよ^^

 

 

字幕で見ると、英語も聞くのでこうやって文化背景が分かったり、

ジョークが分かったりするので面白いですよね。

 

 

これから、美女と野獣を見る方はぜひ、注目して観てみてくださーい!