我が家の人生一度きり計画♡なおログ

好きを仕事にしています。英語・子育て・お金など自由に発信するブログ

MENU

30代が抱えるお悩み。深刻だからこそ今のタイミングで向き合うべき。

こんにちは!
英会話BARオーナー&ブロガー初心者のNaomiです。


わたくし、今年でアラフォー区分に入ります。
アンケート用紙に☑するのであれば、
□35~40歳に☑しなければいけません・・・。


20代のころは自分の30代後半が想像できなくて、
毎日やりたいことを思うがままにしていました。


実家の家もあるし、
チヤホヤされるし、
自分で稼いで生活するんだ!って

腹をくくっていたので、
結婚や出産などまったく考えてなかったんです。


なんなら、「ずーっと一人でもいいや」って思ってましたし。

 

けど、30代に差し掛かり、20代に思い描いていた問題だけじゃないことに気づきました。

 

今でこそ、お店を持って結婚して妊娠していますが、
20代後半または30代前半でしっかり考えていたら
もうちょっと違うライフスタイルになっていたのかなーと最近思うので
皆さんとシェアできればなと思い書きまーす!!

 

30代を満足のいく10年にできるように解決できるところは今のうちに解決しておきましょう!!!

 

f:id:nammy0611:20170417190340j:plain

仕事

 昔は結婚して専業主婦になればよかった時代。

結婚する男性によって生涯賃金が変動するといっても過言ではなかったけれど、今の時代は自身の「キャリア」によって大きく差が付きますよね。

 

特に女性は結婚して出産となると、新卒から現役バリバリで働いている人に比べて収入がガタ落ちしてしまいます。

男性なら考えなくてもいいところを女性は考えなきゃいけない。

 

転職するならもしかしたら今のうち?と悩んでいる30代は結構多いんですよね。もちろん、早めに決断するに越したことはないですが、目先に収入や今後のご自身のキャリアも考慮に入れて何が最適かじっくり検討するべきポイントだと思います。

 

ちなみに、私は「独立」という道を選びました。

会社勤めに比べて「安定収入」ではないですが、それでも全責任を自分で背負うからこそ必死で頑張り結果を作り、結果、会社勤めのころより収入が2.5倍になりましたよ。

 

 

結婚

 「結婚をしなくてもいい」と思っていたときの一番の不安は「もし一人で食べていけなくなったらどうしよう?」ということ。

 

男性の収入に頼りたかったわけではないすが、「万が一」を考えるとちょっと不安でした。一人だと確かに気楽だし、好きなこともできるし、親戚など考えなくてもよかったのですが、独立前に葬儀屋で勤めたのを機に「結婚」という文字が浮かびました。

 

というのも、孤独に死にたくないな・・・・と(笑)

 

ましてや、一人っ子のわたし。

仕事仲間や友人がたくさんいたとしても、誰かから愛されながら逝きたいな・・・と(笑)

 

極端化もしれないですが、そんな思いからパートナーを探す意識をし始めたんです。

確かに、結婚は一人でできないので自分の努力が必要だと思い、まずは第一歩を踏み出したのです。

 

 

妊娠・出産

 努力をした結果、パートナーを見つけ結婚をしましたが、子供は考えていませんでした。気づいたら30代後半手前。結婚3年目に入ろうとしていました。

 

現代は「子供を持たない選択」をする人が増えているみたいですが、私は仕事が好きで一人も好きなので「別にいなくてもいい」という考え。

子供がいる人がうらやましいとも思ったことなかったし、むしろ「お世話たいへんそー」という感じ。

しかし、子供を持とう!と決断したのは人として一通りの経験をし、自分を成長させたかったから。

 

女性にとって妊娠出産はある意味人生のターニングポイントだと思います。私の場合は仕事をいったん中断しなければいけないし、ストレスだって貯まるかもしれない。

 

それでも子供を作るという選択を選んだのは、20代自分の好きなことをしてきて、叶えたかった夢を叶え、ある程度自分の人生に満足していたから。

 

今度は自分が与える番だと思い、決断しました。

 

「出産することで自分は何を叶えたいのか」そのポイントを明確にすると産んだ後も楽しく生活できますよね。

 

 

老後・親のこと

 30代になり、親が仕事から退職し身の回りの生活も徐々に変わってきました。

まだまだ元気だと思っていた親が急に体調を崩したり、病院に行くようになり心配が増えはじめ改めて「一人だけのことを考えればいいんじゃないんだ」と気づかされたんです。

 

自分を守ってくれていた親を今度は自分が支える番。

 

体力的にも金銭面的にも100%サポートしなければならないくなった場合、自分はどうするべきなのか?

 

他人事では済まされない事実が徐々に出てきて真剣に考えなければいけなくなってくるのが30代。

 

そして、そのあとは自分の番。

まだ考えることではないとは分かっていても、月日はあっという間に過ぎるもの。

 

女性の平均寿命86歳といわれる今の時代、頼りにならない年金以外にどう蓄えて備えておくべきか真剣に考えるタイミングに来ているんです。

 

 

 

まとめ

 20代と比べて30代後半は考えるべきポイントが山積み!!

 

20代30代前半と同じような日常を送っているとあっという間におばあちゃんになってしまいそうですよね・・・・。

 

逃げても何も解決できないので立ち向かうしかなのですが、

このタイミングでいかに真剣に考え行動するかによってこの先40代50代も変わってくるんですよね。

 

すぐに答えがでないかもしれませんが、真剣に取り組むことによって結果は大きく変わるんですよね!